FC2ブログ
スペイン・サラマンカ留学日誌 サラマンカ de どうでしょう
スペイン語学留学でサラマンカに2008年 9/29 ~ 2009年 6/11 の約八か月サラマンカに滞在した大学生の日記です。
プロフィール

Hills_Bros

Author:Hills_Bros
2008年 9/29~ 2009年6/11まで
サラマンカ留学したある大学生の滞在記です。

当ブログを立ち上げた目的は2つ

・後に続くサラマンカ留学生の為にサラマンカでの生活の様子や必要な手続きの様子をつづる。

・自身の憧れであるTV番組”水曜どうでしょう”の企画「ヨーロッパ21カ国完全制覇」に所縁のある地を訪れる。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



サラマンカ de どうでしょう 掲示板!

サラマンカ de どうでしょうに集う人の為の掲示板です。 些細な質問などどんどん書き込んでください。



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



サラマンカのお天気



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイルランド・ダブリン② ギネス・ジェムソン
こんばんは。サラマンカでどうでしょうです。

さぁ、いよいよ僕にとっての今回の目的

まずは

ギネス・ストアハウスへ

guiness storehouse

ここでは百年以上そこに佇むギネスの工場に隣接した博物館で

ギネスの製造過程やその創業以来の歴史を体感することができます。

「体感」できると書いたのは、これがただの博物館ではなく、

かつての工場を再現してみたり、高性能のビジョン等を使った

完全なテーマパーク化しているからで、

正直この手のものとしてはかなり楽しんでみることができました。

guiness storehouse2

入場料は少し高めだったように記憶していますが、

もちろん見学をした後は

試飲ができます。

チケットをもって最上階のダブリン中を見渡せる

Gravity Barへ

guiness

さすがにここで飲むギネスは最上の味がしました(もちろん先入観ですが)

くしくも、その日は一緒に旅をしていた友人I氏の二十歳の誕生日。

二十歳の誕生日をアイルランドでギネス飲んで迎えられるなんてうらやましい・・・。

おめでとう!

そして我々はその足でさらに

ジェムソンの蒸留所へ

jammeson

こちらはギネスと違って、そんなに沢山観光客が訪れないうえ、

市街地にポツンと出現するので、少し迷子になりましたが、

なんとかたどり着くことができました☆

jameson naibu

内部はこちらも、昔の蒸留所の様子を再現しており、

ビデオや等身大の模型でその歴史と蒸留過程を見学することができます。

そしてもちろん、見学が終わったあとは隣接する

ジェムソンバー

で一杯w

至福のひと時でした☆

ここのギフトショップでは日本ではまずお目にかからない珍しいものがいくつかおいてありました。

その一つが、

これ

jamesonjam

ジェムソンのマーマーレード。

是非とも買って食してみたかったのですが、

バックパック一つで荷物はぎっちぎっちの上、

帰国するまでに更に二度飛行機に乗らなければいけないことを思い出し

なくなくあきらめました(+_+)

一体どんな味がしたんだろう。

以上のような感じで実はダブリン滞在は正味一日だったのですが

ほぼすべての観光名所を巡る事ができました。

ダブリンに旅行をお考えの方はそういうつもりで計画を立ててもいいかも?

もう一つの興味であったケルト文化に触れるにはやはり田舎に行った方がいいのでしょう。

田舎に行くためにいつかアイルランドはもう一度訪れたいと思いました。

明日はU.K.の旅の様子をお伝えします。




より沢山の留学生にこのサイトの存在を知ってもらえるようにブログランキングに参加しています。
回線の速い環境にいる方、是非一日一回アヒルチャンクリックにご協力を(笑)

FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

テーマ:留学 - ジャンル:海外情報

アイルランド・ダブリン
こんばんは、サラマンカ de どうでしょうです。

チェコを出国した僕は再度ドイツフランクフルトに戻り、今度は

アイルランド・ダブリン

へと向かいました。

非常に印象的に覚えているんですが、先日も書いたとおり、

このフランクフルトからダブリンへの移動、

一日前に予約していたらなんと17ユーロでライアンエアーに乗れていたんです。

まぁ、結局翌日には値上がりしていて50ユーロ(現在のレートで6000円程度)

くらいだったんですが、

それでも馬鹿みたいに安いですよねぇ^^;

アイルランド、一度は訪れてみたかった地

なぜかというと、一つにはケルトの文化にあこがれがあること

そしてもう一つは、

お酒。

アイルランドには僕がこよなく愛する

JAMESON

というウィスキーの蒸留所があるんです。

と、いうわけで今回のダブリン滞在のテーマはずばり酒。

とはいっても、お酒ばかりがダブリンではありません。

まずは、有名所を押さえてまいりました。

stpatrick

セントパトリック教会です。

アイルランドにカトリックを広めた成人である聖パトリック。

彼の命日である3月17日から五日間にわたり催されるその祭りの盛況、熱狂ぶりは

世界中に知れ渡っていますね。

その他、ダブリン城、トリニティカレッジ、Stephen's Green Park等ほとんど

ダブリン中の観光地を回ったのですが、ダブリンを訪れたのは

12月26日。

観光地が開いているわけもなく、外観だけを眺めてきたわけです(*_*)

しかしながら、ふと街角に現れるこのような

door

かわいらしいドアーを見る時に、ダブリンを感じましたw

さぁ、次回はいよいよお酒を堪能する様子をご紹介します。




より沢山の留学生にこのサイトの存在を知ってもらえるようにブログランキングに参加しています。
回線の速い環境にいる方、是非一日一回アヒルチャンクリックにご協力を(笑)

FC2 Blog Ranking





テーマ:スペイン生活 - ジャンル:海外情報





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。