FC2ブログ
スペイン・サラマンカ留学日誌 サラマンカ de どうでしょう
スペイン語学留学でサラマンカに2008年 9/29 ~ 2009年 6/11 の約八か月サラマンカに滞在した大学生の日記です。
プロフィール

Hills_Bros

Author:Hills_Bros
2008年 9/29~ 2009年6/11まで
サラマンカ留学したある大学生の滞在記です。

当ブログを立ち上げた目的は2つ

・後に続くサラマンカ留学生の為にサラマンカでの生活の様子や必要な手続きの様子をつづる。

・自身の憧れであるTV番組”水曜どうでしょう”の企画「ヨーロッパ21カ国完全制覇」に所縁のある地を訪れる。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



サラマンカ de どうでしょう 掲示板!

サラマンカ de どうでしょうに集う人の為の掲示板です。 些細な質問などどんどん書き込んでください。



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



サラマンカのお天気



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U.K.3
こんばんは。サラマンカ de どうでしょうです。

さて、連続更新②コマ目。

いよいよ冬休みの長期旅行最終日、ロンドン滞在三日目になるわけですが、

今回もいつものごとく電車でロンドン中心部へ移動。

そういえばご紹介してなかったんですが

このロンドンの地下鉄にも、

オイスターカード

という日本でいうsuicaのようなカードがありまして、

日本と違う点は、一日に指定されたユーロ以上の移動をすると

それ以降は乗り放題になるというお得なシステムがあるんですねぇ。

その額はちょっと忘れてしまったので

詳しいサイトは他サイトさんに頼りますが

こちらへ

僕はこれを利用せずに1 day pass というのを買いました。

二回以上乗り降りするならこちらの方が料金が安いように感じたので。

一か月程経ってからレポートしているので詳しくは忘れてしまったのですが・・・^^;

さて、この日の僕らの観光は

ハイドパーク hyde park

から始まりました。

ここは、ジョニーデップ主演の映画「ネバーランド」をご覧になった方はご存知かと思いますが

ピーターパンの原作者がピーターパンの物語の着想を得た公園。

かつては王族の方々が狩猟を楽しんだということで、非常に広大。

また、内部には故ダイアナ妃のメモリアル噴水やら、アスレチックやらも点在してます。

と、いうことで、

会ってきましたピーター

hyde park

・・・。

なんか微妙ですが、間違いなくピーターパンです。

そして、休む間もなく次に僕らが向かった先は

ロンドン塔

11世紀に要塞として建設されたのち、

当初は王の居城として利用されていたけれども、中世には監獄として利用され

多くの貴族や王侯が処刑されたことからも血塗られた土地として有名。

詳しくはこちら(そういう話が嫌いな方は読まない方がいいかも)

この記事書くときに初めて読んだんですけど、

行く前に読まなくてよかったかも。怖いですねー。

内部はというと観光客に溢れていて、結構平和な雰囲気です。

そして、もちろん一歩等からテムズ川に出れば

目の前には

tower bridge

タワーブリッジもありましたよ。

これでロンドンのメジャーどころはほぼ回ったぞ!と、いうことで

もう一つだけ残っていた今回の旅の目標。

fish and chips

そう、フィッシュ&チップス。

平たく言えば白身魚のフライと、フライドポテトなんですが、

この白身のフライが外はカリカリ、中はジュワッっとしていて

絶妙です。

さて、これにて長かった僕の冬休みの旅行も終了。

翌日再びスタンステッド空港へ向かいそこからマドリッドへ向うわけなんですが、

実は手続き関係で一つ不安を抱えていたんです。

続きは次の記事で・・・。




より沢山の留学生にこのサイトの存在を知ってもらえるようにブログランキングに参加しています。
回線の速い環境にいる方、是非一日一回アヒルチャンクリックにご協力を(笑)

FC2 Blog Ranking





スポンサーサイト

テーマ:留学 - ジャンル:海外情報

U.K.2
こんばんは。サラマンカ de どうでしょうです。

忙しさにかまけていたらまたもや一週間以上更新が空いてしまいました。

これはよくない。当初の目的を貫徹する為にこのブログは更新していかなければ。

と、いうことで本日は大量更新。

まずは前回途中で止まっていたロンドンレポートから。

ビックベンを見学した翌日、僕らはサラマンカでともに学んだ

ロンドン郊外に住む友人アレックスがロンドン観光にお供してくれるというので、

まずは待ち合わせ場所の

キングストン駅へ。

お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、ここを待ち合わせ場所にしたのは

実は観光も兼ねていたんです。

キングストン駅 9と4分の3番線と言えば

あのハリーポッターが魔法学校ホグワーツに行くための電車に乗り込むところ。

と、いうわけで写真を撮ってきました。

kingston

おぉ、意外とあっさり。

特にこれ以外何があるわけでもないです。看板も人だかりも・・。

さて、気を取り直して再びロンドン中心部へ向った僕らは

そのままテムズ川を進む船に乗り込んで

グリニッジ天文台へ

向かうことに。

これ、英語で書くと"Greenwich"って言うんですね。初めて知りました。

観光船の代金は乗り降りし放題で12£程度だったと思います。

ビッグアイ、ロンドン塔といったテムズ川沿いの景観を楽しみながらクルーズすること

約1時間。

グリニッジ天文台に到着しました。

greenwich

船を下りてからなだらかな丘を登らなきゃいけないんですが、これが結構ツラカッタ^^;

とにかくここが経度0度、世界表示時刻を刻む時計ということで、感慨深かったのですが

それ以上に感慨深いのはその線自体、人間が便宜上考え出したのにすぎない

と、いうこと。なんだか不思議なもんです。

と、思いつつも、いつか赤道直下にもいってみたいですねー。。。。

さて、この日はロンドン市街地に再び電車に乗り込み戻り、

アレックスと日本食レストランに行き、

ピカデリーサーカス

picadery circus


と、いう東京でいう銀座のような感じでしょうか。

洋服店が乱立する比較的穏やかな雰囲気の繁華街を見学して帰宅。

貧乏旅行だったんで何も買いませんでしたが、クリスマスの時期だったので

かなりのセールになっていたみたいでした。




より沢山の留学生にこのサイトの存在を知ってもらえるようにブログランキングに参加しています。
回線の速い環境にいる方、是非一日一回アヒルチャンクリックにご協力を(笑)

FC2 Blog Ranking


テーマ:留学 - ジャンル:海外情報

U.K.1
こんばんは。サラマンカ de どうでしょうです。

さぁ、ダブリンでお酒を堪能するだけ堪能して飛び立った先は

United Kingdom

ということで、来ちゃいました、ロンドン。

またしても格安航空で訪れた僕らが降り立ったのはこれまたロンドン市街には程遠い

スタンステッド空港

これ、どうやらロンドンに四つある空港の中でも最もアクセスが悪い空港な気がします^^;

ただ、まぁまたバスに乗って一時間も揺られれば着くだろう

と、いうことで、バスに乗った僕らを最初に迎えてくれたのは

いきなり

big ben

ビッグベンでした。

おぉー、ロンドン来たなぁ。

と、感じさせてくれるいかにもはいいんですが、

ビッグベンもウェストミンスター寺院もクリスマス休暇中ということで

めった混み。

中には入らずに外から眺めるだけにしておきました。

tube

と、いうわけで、イギリス・ロンドンといえば

TUBE。

Vo.前田亘輝氏に乗り込んで・・・

あっ、違う。

地下鉄に乗り込んで早速市街観光を始めまして、

ついた先は

british museum

誰が名付けたか

”大”英博物館(英語ではただのBritish Museum)

思えば、高校時代。

イギリス”かぶれ”な英語の先生が始めた大英博物館体験談が長くなる事を祈りつつ

はるか異国に思いを馳せたもんですが。

とうとう来てしまったんだなぁ。

と、なんだか感慨深くなりました・・・。

しかし、そんな暇はありません。

大英博物館はめっさ広い。

とりあえず、目星をつけて飛ばし飛ばしで全体を回りましたが

んー。

・・・。

意外とこれといって

「すげぇー!これがあのッ!!」

ていうものはなかったように感じた僕は野蛮人でしょうか??

あ、ひとつありました。

ロゼッタストーン

これは世界史の教科書でやたらと覚えていたので

感激もひとしおでした。

あとは、わかりやすいところで、

エジプト古王国以前に自然風化してできたミイラ。

なんだかインパクトありました。

やっぱり博物館巡りはじっくり時間をかけて歴史や背景を知ってからしなくてはいけないなぁ

と、反省しつつも、ミーハーな観光名所に満足しきって

ほくほくとホテルへ向った我々でした。

heather bank

ちなみにホテルは

woodsideparkという

どーみても郊外にある

Heatherbankというホテルに宿泊したんですが

これが小さな一軒家を改築して家族経営しているようなホテルで

これでなかなか居心地の良い、素敵な宿でした。




より沢山の留学生にこのサイトの存在を知ってもらえるようにブログランキングに参加しています。
回線の速い環境にいる方、是非一日一回アヒルチャンクリックにご協力を(笑)

FC2 Blog Ranking


テーマ:留学 - ジャンル:海外情報





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。