FC2ブログ
スペイン・サラマンカ留学日誌 サラマンカ de どうでしょう
スペイン語学留学でサラマンカに2008年 9/29 ~ 2009年 6/11 の約八か月サラマンカに滞在した大学生の日記です。
プロフィール

Hills_Bros

Author:Hills_Bros
2008年 9/29~ 2009年6/11まで
サラマンカ留学したある大学生の滞在記です。

当ブログを立ち上げた目的は2つ

・後に続くサラマンカ留学生の為にサラマンカでの生活の様子や必要な手続きの様子をつづる。

・自身の憧れであるTV番組”水曜どうでしょう”の企画「ヨーロッパ21カ国完全制覇」に所縁のある地を訪れる。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



サラマンカ de どうでしょう 掲示板!

サラマンカ de どうでしょうに集う人の為の掲示板です。 些細な質問などどんどん書き込んでください。



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



サラマンカのお天気



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セビージャ参
こんばんは。サラマンカ de どうでしょうです。

前回カテドラルを取り囲むように生えているオレンジの木に向かって

必死にジャンプしていたところで終了しましたが、

飛び続けていたらさすがに喉が渇いたっ(;´Д`) 

ていうことで、カフェへ。

コメント欄でお話ししたようにセビージャにはサラマンカにはない

貴重なスターバックスがあるんですが、

その土地っぽいところに行こうということで、

近くにあったカフェへ。

sevilla2-1

ちょっとおしゃれカフェだったので、写真も合わせてセピア色(∀`*)ゞ

値段は、あんまりサラマンカと変わらなかったかな、

たしかカフェ一杯で2ユーロしないくらい。

でも、よく考えたら、サラマンカってカフェらしいカフェはあんまりない。。。

バルとの中間みたいなのばっかりで、こうして座って、アイスなんか食べられるところは

久しぶりでした(人´∀`)

さてさて、外に出るともう町は夕暮れ。

sevilla2-2-

sevilla2-4

この時間からのセビージャがあったかくて、人でにぎわってて、

街灯明るくて、最高でした。まさに南国バカンス☆

この日のうちにもう一つ見ようと、

歩いてセビージャ大学の校舎(旧タバコ工場)へ

sevilla2-3

ここは「カルメン」をオペラ化する際に、ビゼーがカルメンの勤め先とした事で有名だそうですが、

まぁ、正直何もな・・・ゴホッ、ゴホッ。

長距離のバスであまりに疲れていた僕らは、

この後ホテルで簡単に食事を済ませて、九時過ぎには爆睡。

こうしてセビージャ1日目が終わりました。ちなみになにか買うには

コルテイングレス(スペインのデパート)が街中にあるので、便利でしたよ^^

翌日、午前中から、もう一つの見どころ

アルカサルへ

ローマ時代のアクロポリスから、イスラムの要塞、キリスト教の宮殿とその形を変えてきた建物。

グラナダから建築家を呼び寄せてアルハンブラ宮殿を模して造らせたってんですから、

そりゃあ豪華なもんでした。

sevilla2-5

内部はムデハル様式と呼ばれる、キリスト教文化とイスラム文化が融合した

スペイン独自の様式。

サラマンカにもすこーしだけこういった様式見られるんですが、

ここまで完全なのは、トレドに行ったきりだったので、やっぱり圧巻。

しかも今回はあったかい南国の空気に包まれているので、ようやっと

アラブなスペイン

を体感ヽ(°▽、°)ノ

一度で2度おいしい国、スペインですね。

さて、これでセビージャ観光は終了。グラナダに向かうべく再びバスに乗り込みました。

街を抜ける前にセビージャの地ビールCruz Campoの工場を発見

sevilla2-6

窓から射すあったかい陽光にうつらうつらしながら、

いよいよイスラム建築最高傑作。

アルハンブラ宮殿を擁する

グラナダへとむかいました。



ちょっとでも読者増やそうとブログランキングに参加中です´ω`)ノ
黄色い鳥をクリックするか、このブログの存在を今日中に五人の人に伝えると幸せになります(僕が)( ´ー`)

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

テーマ:スペイン・サラマンカ大学 - ジャンル:海外情報

セビージャ弐
と、いうことで、サラマンカ de どうでしょうです。

前回、セビージャという街の雰囲気に一発で惚れこんだ僕。

旅先に到着してとりあえず向かう場所と言えば、ホテルです。

Hotel Eurostar Regina

というホテルにお世話になりました(=゚ω゚)ノ

今回は学校主催の遠足なのでホテル等の指定は特にできなかったんですが、

こちら三つ星で、申し分ない綺麗さ。

sevilla hotel2

写真は中庭の様子ですが、朝食も充実してますし、

(少し・・・もとい、かなり中心地から遠いのがネックですが)

まぁ、お勧めできるかなと・・・。

と、まぁホテルでのしばしの自由時間を満喫した後、そろって市街地へ。

カテドラルへむかいました。

このセビージャのカテドラルの歴史を少々。

1248年にカスティージャ王フェルナンド3世がイスラムから奪還。

当初はイスラム寺院をキリスト教聖堂として転用しておりました。

しかし15世紀初頭のこと、

何を思ったか聖堂参事会という輩が、

「後世の人々が正気の沙汰とは思えないほど巨大なカテドラルを建てようw(屮゚Д゚)屮」

と、決定。

約1世紀をかけて完成したカテドラルは、

1.ローマ サンピエトロ大聖堂、

2.ロンドン セント・ポール大聖堂、

に次いで、世界大3位の規模を誇る大聖堂となったそうな。

(参考:新個人旅行スペイン, 昭文社 ,2008)

そのスケールも圧倒的なインパクトがあるんですが(でかすぎて写真撮れなかった位)

ミーハーとしてはもう一つの見どころがありまして、

ここ実は、

あのコロンブスのお墓があるんです

sevilla catedral

ブレブレの写真しか撮れなかったんですが、

未だに”冒険”という言葉の響きに弱い僕は、

”偉大な冒険家”と感動の対面を果たしてまいりましたヽ(´ー`)ノ

続いて、高さ96メートルを誇り、街のシンボルである

ヒラルダの塔へ

sevilla girarda

ここ、階段ではなくスロープで黙々とらせん状に上っていくんですが、

その階層実に36!

観光の際は歩きやすい靴とそれなりの覚悟をお忘れなく^^;

sevilla9

頂上からの景色はまさに絶景。

はるかに広がる白い家々の壁やグアダルキビール川を見渡すことができます。

塔を下り、大聖堂の外へ出ると

あたりの路地にはオレンジの木が植えられていて、

鮮やかなオレンジが青空にさわやかに彩を添えています。

sevilla8

思わず「オレンジデイズ」を連想して手を伸ばして必死にジャンプ笑

日本人飛んでる人率高いんじゃないかな…(`・д´・ ;)



ちょっとでも読者増やそうとブログランキングに参加中です´ω`)ノ
黄色い鳥をクリックするか、このブログの存在を今日中に五人の人に伝えると幸せになります(僕が)( ´ー`)

FC2 Blog Ranking


テーマ:スペイン・サラマンカ大学 - ジャンル:海外情報

セビージャ壱
ご無沙汰してます。サラマンカ de どうでしょうです。

突然でなんですが、

最近、というか、長いこと書いてて、常々思ってた事。

このブログ淡々としすぎて、つまらん(´Д`)

そもそものスタンスが水曜どうでしょうのオープニング的に淡々と語ってみようかな

てな感じでやってたんですが、

「コンパクトに、留学生の為になる情報を」

「そしていずれはスペイン大使館にリンク」

なんてやってもなんとも中途半端な情報だったし、

そして何より。

そもそも「どうでしょう」知ってる人少ない。

と、ひょんなことから一念発起、

これからの我がサラ de どうでしょう標語は

「文体とパスの精度の向上」

あ、パスは関係ないです。

自身のサラマンカにおけるライフワークになったサッカーの目標です。

まぁ、文体の精度向上言ってもガンガン文体崩していくんですけど、

こんな感じで(°Д°)

(つまるところは顔文字導入です。)

てなわけで、ようやく本題。先週末は前回の日記でお伝えしたとおり、行ってきました。

アンダルシア。

いやー、一言で簡潔にいえば、THE スペインでした。

と、いうことで今回もまた学校の遠足ということで早朝6時にバス集合。

朝早すぎたんで前日寝てません。

まぁ、別に何をしていたわけでもないんですが、インターネットで海外ドラマ見たり

音楽聴いたりと友人I氏と部屋でぐだぐだしてました。

セビージャまで所要時間6時間30分。

・・・長いっすねー。

でも、通常はサラマンカ→セビージャ直行のバスというのは存在せず

一般のバス会社で行こうとすれば一度マドリーまででなくちゃいけません。

それを思えば乗り換えもないし、ただ寝てるだけで到着するのでだいぶ楽かな。

ここでセビージャ予備知識。

アンダルシアの州都で人口70万を超えるスペイン第4の都市。

ビゼーのオペラ「カルメン」のほか、「セビリアの理髪師」「フィガロの結婚」の舞台となったことでも

有名。(昭文社,新個人旅行スペイン,2008 p300より引用)

海に面していない都市なんですが、1492年コロンブスが新大陸を発見して以来

ラテンアメリカ諸国との交易地として、グアダルキビールという大河の河畔に佇んだ

この街が選ばれたそうです。と、いうのも当時海賊等が横行する時代だったので、

海に面した港だとセキュリティ上都合が悪かったんだとか。

とにかくも、「無敵艦隊」を誇り、「太陽の沈まない国」と言われた

スペイン黄金時代を支える巨万の富を生み出したこの街。

街全体がどことなく港町の様相を呈してる上、なんといっても

南国。

ヤシの木、オレンジのにおい、青い空、白い家々の壁。

sevilla2

あぁ、こういうとこに留学に来たかったんだよ、ぼかぁ(´Д⊂

サラマンカなんかスペインとは断じて認めん!!

と、嘆いたところで長くなったので続きはまた次回。




ちょっとでも読者増やそうとブログランキングに参加中です´ω`)ノ
黄色い鳥をクリックするか、このブログの存在を今日中に五人の人に伝えると幸せになります
・・・僕が( ´ー`)

FC2 Blog Ranking



テーマ:スペイン・サラマンカ大学 - ジャンル:海外情報





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。