スペイン・サラマンカ留学日誌 サラマンカ de どうでしょう
スペイン語学留学でサラマンカに2008年 9/29 ~ 2009年 6/11 の約八か月サラマンカに滞在した大学生の日記です。
プロフィール

Hills_Bros

Author:Hills_Bros
2008年 9/29~ 2009年6/11まで
サラマンカ留学したある大学生の滞在記です。

当ブログを立ち上げた目的は2つ

・後に続くサラマンカ留学生の為にサラマンカでの生活の様子や必要な手続きの様子をつづる。

・自身の憧れであるTV番組”水曜どうでしょう”の企画「ヨーロッパ21カ国完全制覇」に所縁のある地を訪れる。



カテゴリ



最新記事



最新コメント



サラマンカ de どうでしょう 掲示板!

サラマンカ de どうでしょうに集う人の為の掲示板です。 些細な質問などどんどん書き込んでください。



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサードリンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



サラマンカのお天気



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

arjeta de estudiante3 -再入国-
こんばんは。サラマンカ de どうでしょうです。

前回ロンドンでの旅行を終え、いよいよスペインへと戻る時。

なんですが、実は僕は手続き関係で一つの不安要素を抱えていました。

それというのも、以前お話した

Tarjeta de estudiante

こちらの過去記事を参照

前回記事でご紹介した呼び出しは結局違う日本人学生のことを僕と勘違いした

向こうの手違いで無事受理されていたんですが、

その時受けとった仮証明書の有効期間は

45日間

帰国しようと計画していた2日前に切れているんです。

何故早く正式な方を取りに行かなかったかというと、

原本は仮証明書を受けとってから、一か月以上しないと受理できず、

しかも土、日はやっていない警察暑。

日付の関係ですでにチケットを購入して固定してしまっていた

出発日以前に取りに行くことができなかったんです。

しかし、その件については気が付いていました。もちろん。

そういった場合は、

再入国申請を

警察署にしていけば、問題なく入れるようになっています。

ですが、僕が申請行ったのは、出発の三日前・・・。

「その日のうちに受け取れるだろう

としていたのが、間違いでした。

再入国申請には紙を記入して、提出してから一週間以上の時間が必要だったのです。

・・・。

・・・おぉ。

これはヤバい;。

そうは思いながらももう予定を変えることはできない。

厳密に言えば、スペインに帰国する頃にはビザの申請が降りているんだから

警察署に連絡してもらえば入国資格があるのがわかるだろう。

いつものスペイン人の適当さを信じて強行するしかない!

と、勇んで旅行決行。

マドリーからドイツへの入国は依然ご紹介したように問題ナシ。

詳しくはこちらの過去記事を参照

と、思いきやドイツからダブリンに入る時にすでに問題発生・・・。

実は僕らがスペインへ出国する前に申請してきたビザというのは

スペインと、経由する国一か国の為だけのもの。

僕はすっかり三か月前コペンハーゲンを経由した時にユーロの観光ビザ(三か月有効)

でユーロに入国をしたと思い込んでいたんですが、それとは別物だそうなんです。

その上、もちろんそのスペインのビザも入国する為だけのものなので既に切れてます。

つまり僕はビザ何もなしの状態で、ドイツに審査なしで入国してしまっていたので

「おまえは、いつユーロに入ってきたんだ!」

と、言われることに。

・・・知らないでやってしまったこととはいえ、不法滞在状態だったようです。

が、説明すること20分。

なんとか事情を納得してくれた様子のドイツの出国監理官、

「ドイツからの出国は許可してやる。けど、それから先はお前の問題だ。」

「我々は関知しない。もっと真剣に考えた方がいいぞ。」

と、脅されました。(T-T)

しかし、それ以降、ダブリン、ロンドンは、そこで新たにEUのビザを得たので

問題なし。

懸念としては、イギリスに限って(他のユーロ加盟国はなし)

スペインに入国する際、事前に航空会社にパスポート番号を申し込まなくちゃいけないんです。

「これは相当まずい。入国審査もキツそうだ。下手したら強制送還もありうるな。」

と、覚悟を持って挑んだマドリーバラハス空港。

いよいよ、僕らの番。

空港で受け取る入国申請書に必要事項を書き込み、

いざ、勝負。

現地での住所や入学証明書、仮のTarjeta de Estudiante、日本の住民票や保険書等々、

入国資格の証明となりうるすべての書類を手に持ち、

入国審査カウンターへ。

審査官 「hola!(こんにちは)」

僕 「hola!(こんにちは)」

僕のパスポートを開き、スペイン入国のビザを眺める審査官。

僕 「(あぁ、それはもう切れてるんだよ・・・。)」

三か月前に申請したスペイン入国のビザは

パスポートと同サイズでページいっぱいに思い切ってホッチキスで止められているので、

必ずどこにいってもそこをチェックされるんです。

僕 「あの、それ・・・」

ビザについて説明しようと僕が口を開いた瞬間。

ドンッ。

と、入国スタンプを押す審査官。

・・・へ?

なんとも、あっけないことに、特に質問されることもなく、

彼はすでに期限切れになっている入国ビザをみて

許可をしたんです。

狐につままれたような気分で、カウンターを通り抜け、審査官のPCを後ろから見ると

その画面に映っていたのは

ソリティア。

ちゃんと仕事しろよスペイン人!

とはいえ、今回はちょっとそのいい加減さに救われました。

もちろん、サラマンカに到着するやいなやすぐに警察署に

Tarjeta de estudianteの原本を取りにいったので

現在はきちんとビザを持っている状態ですし、論理的に考えれば

何か質問されても、きちんと説明すれば入国する資格は問題なかったと今も考えていますが

少々危ない橋を渡ったのは確かです。

サラマンカに留学する学生の皆さん、ビザ関係にはくれぐれも気をつけて下さいね。




より沢山の留学生にこのサイトの存在を知ってもらえるようにブログランキングに参加しています。
回線の速い環境にいる方、是非一日一回アヒルチャンクリックにご協力を(笑)

FC2 Blog Ranking


テーマ:留学 - ジャンル:海外情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://studysalamanca.blog87.fc2.com/tb.php/69-9f5c04bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。